手形法・小切手法講義

書誌事項

手形法・小切手法講義

服部育生著

泉文堂, 2003.12

タイトル別名

手形法・小切手法講義

タイトル読み

テガタ ホウ コギッテ ホウ コウギ

大学図書館所蔵 件 / 38

内容説明・目次

内容説明

本書は、手形法・小切手法の全体像を、判例・通説の立場から、理論的側面を中心に論述したものである。判例や学説の見解が対立する重要な論点については、考え方のすじ道が正確に理解できるよう、多面的かつ詳細な説明を心掛けた。また手形・小切手は実務的には銀行取引と密接に関連しているので、当座勘定規定、銀行取引約定書および手形交換所規則等についても言及している。

目次

  • 第1章 有価証券(総説;有価証券の基礎理論)
  • 第2章 手形法・小切手法総論(法的意義および経済的作用;手形行為 ほか)
  • 第3章 約束手形(振出;裏書 ほか)
  • 第4章 為替手形(総説および振出;引受その他の特則)
  • 第5章 小切手(小切手の振出;譲渡および取立委任 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA64912718
  • ISBN
    • 4793004105
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 214p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ