書誌事項

釈迢空折口信夫論

奈良橋善司著

おうふう, 2003.11

タイトル別名

釈迢空 : 折口信夫論

タイトル読み

シャク チョウクウ オリグチ シノブ ロン

大学図書館所蔵 件 / 72

注記

奈良橋善司年譜 / 奈良橋幸子作成: p483-491

内容説明・目次

内容説明

迢空、折口歿後50年、仕舞忌に蘇る魂の一冊。

目次

  • 総論(折口信夫論;釈迢空、折口信夫;折口信夫)
  • 詩歌論(歌の本質観をめぐって;「歌の円寂する時」が意味するもの;初期言語論—「言語情調論」以前 ほか)
  • 形成論(既存者;論文「万葉びとの生活」をめぐって—素描・形成期の折口学;折口信夫の戯曲「花山寺縁起」について ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ