『古事記』成立の背景と構想

書誌事項

『古事記』成立の背景と構想

遠山一郎著

笠間書院, 2003.11

タイトル別名

古事記成立の背景と構想

タイトル読み

コジキ セイリツ ノ ハイケイ ト コウソウ

大学図書館所蔵 件 / 88

内容説明・目次

内容説明

神から天皇への変遷を経て、『古事記』がどう記したか。成立の過程、意義を、歌・散文にわたって立体的かつ実証的な表現の分析から捉えた全く新しい視点にたつ斬新な論考。

目次

  • 第1章 『古事記』の背景(母語の営み;歌が開くことば;血すじによる系譜;天武の述べかた ほか)
  • 第2章 『古事記』の構想(「高天の原」による説きかた;大国主の神話;地上界のおさめかた;神から人へ ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65209910
  • ISBN
    • 4305702630
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 350, 5p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ