日本文学の本質と運命 : 『古事記』から川端康成まで

書誌事項

日本文学の本質と運命 : 『古事記』から川端康成まで

M・J・デ・プラダ=ヴィセンテ著

九州大学出版会, 2004.1

タイトル別名

日本文学の本質と運命 : 古事記から川端康成まで

タイトル読み

ニホン ブンガク ノ ホンシツ ト ウンメイ : コジキ カラ カワバタ ヤスナリ マデ

大学図書館所蔵 件 / 114

注記

参考文献: p407-415

博士論文(福岡大学 2001年)に手を加えたもの

内容説明・目次

内容説明

本書は、日本文学の本質がどのようなものであり、それがいつごろ形成され、どのように現在に至っているか、という非常に大きなテーマを扱ったものである。『古事記』にはじまって川端康成に至る約一三〇〇年が考察の範囲である。したがって、これは一つの文学史の試みであるが、同時に文学とは何かという一般論の試みにもなっていると言える。

目次

  • 第1部 日本文学の本質(日本文学と「ゆらぎ」;日本文学の出発と展開;日本文学史の問題点;構造主義と日本文学 ほか)
  • 第2部 日本文学の運命(『古事記』の歌;『万葉集』の歌;『古今和歌集』の歌;『新古今和歌集』の歌 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65674568
  • ISBN
    • 4873788099
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    福岡
  • ページ数/冊数
    xii, 420p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ