書誌事項

受領と地方社会

佐々木恵介著

(日本史リブレット, 12)

山川出版社, 2004.2

タイトル読み

ズリョウ ト チホウ シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

受領—その名前からして物欲の権化のようなイメージを持たれがちな平安時代の国司たち。たしかに受領には貪欲な徴税吏という側面もあり、彼らを「腐敗官僚」の歴史の一コマとして描くことも可能です。しかし一方で、彼らは十・十一世紀の政治・経済・社会、さらには文化や対外関係を理解するために、欠くことのできない存在でもあります。それは、当時受領が都と地方とを結ぶ、もっとも太いパイプの一つだったからにほかなりません。受領の往来は、人びとに何をもたらしたのか、このような視点から、受領の姿をもう一度見直します。

目次

  • 「受領ハ倒ルル所ニ土ヲツカメ」
  • 1 国司から受領へ
  • 2 受領の任国支配
  • 3 摂関政治と受領
  • 4 受領群像
  • 5 受領と交通

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65979882
  • ISBN
    • 9784634541207
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    95p, 図版1枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ