書誌事項

クレモニエール事件

アンリ・トロワイヤ著 ; 小笠原豊樹訳

草思社, 2004.2

タイトル別名

L'affaire Crémonnière

タイトル読み

クレモニエール ジケン

大学図書館所蔵 件 / 42

内容説明・目次

内容説明

1988年、フィリップ・クレモニエールは妻殺しの罪により15年の禁固刑に処せられた。父の無実を信じる娘マリ‐エレーヌは、冤罪を晴らすため、青春の全てを賭けて司法との闘いに立ち上がる。1996年、ついに再審が開始され、世紀の冤罪裁判に判決が降りた。勝利を手にし、マスコミの寵児となった父と娘。だが父親は沈黙と無気力に沈み、部屋に引きこもる。何が不満なのかといぶかる娘は、弁護士との遅ればせの恋愛に現を忘れ、しだいに父娘の関係は軋み始める—。巧みな心理描写から生の愚かさを浮きぼりにする。物語巧者トロワイヤの真骨頂とも言える秀逸な作品。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66208356
  • ISBN
    • 4794212844
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    197p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ