アメリカ以後 : 取り残される日本

書誌事項

アメリカ以後 : 取り残される日本

田中宇著

(光文社新書, 134)

光文社, 2004.2

タイトル読み

アメリカ イゴ : トリノコサレル ニホン

大学図書館所蔵 件 / 51

内容説明・目次

内容説明

泥沼化するイラク戦争の裏で、世界は歴史的転換点を迎えようとしている。戦時下の名の下に制限される民主主義、変質する世界の経済構造、緊迫の中東情勢、中国主導の東アジア…これらは、同じベクトルの元にある。一極主義の限界が見えてきた今、アメリカは、自らアメリカ以後の世界を模索し始めた。『タリバン』以来、中東とアメリカの関係を軸に考察を重ねてきた著者が活写する世界で起きている本当のこと。“もし、アメリカがいまのように強くなくなったら…”「アメリカ以後」の世界を日本は、日本人はどう生き抜けばいいのか。

目次

  • 第1章 「アメリカ以後」を考えるアメリカ
  • 第2章 経済ではもう世界は動かせない(「ものづくり」を忘れた国;復活する「ブードゥー経済学」;新しい経済モデル「タクシノミクス」)
  • 第3章 誰のための戦時体制(「人権の国」の人権侵害;制限される民主主義)
  • 第4章 歴史の中のイラク戦争(ネオコンの系譜;泥沼化の理由;孤立する前線)
  • 第5章 「三極体制」でアジアはどうなる(アメリカ抜きアジア;歴史から消える単独覇権主義)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ