有用海藻誌 : 海藻の資源開発と利用に向けて

書誌事項

有用海藻誌 : 海藻の資源開発と利用に向けて

大野正夫編著

内田老鶴圃, 2004.3

タイトル別名

Biology and technology of economic seaweeds

タイトル読み

ユウヨウ カイソウシ : カイソウ ノ シゲン カイハツ ト リヨウ ニ ムケテ

大学図書館所蔵 件 / 78

注記

引用文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書では、多くの有用海藻について、生物学とその応用に関して詳しく書かれている。「生物学編」は、大学を中心とした研究者に、そして「利用編」の多くは、海藻産業界の技術開発スタッフが担当している。食用海藻産業とともに、寒天、カラギナン、アルギン酸など海藻粘質多糖類の技術開発は、おもに、日本企業の技術スタッフが推進した。また、これから興る新しい海藻産業は、海藻機能性成分の利用分野であり、「機能性成分編」を一つの大きな柱にし、最先端の研究を行っている方々に執筆をお願いした。とくに、本書では健康食品、医薬品、化粧品、肥料など関わる情報が盛り込まれている。

目次

  • 有用海藻の生物学(緑藻;褐藻;紅藻)
  • 海藻の利用
  • 海藻の機能性成分

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66823561
  • ISBN
    • 4753640485
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xv, 575p
  • 大きさ
    27cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ