保守主義の哲学 : 知の巨星たちは何を語ったか

書誌事項

保守主義の哲学 : 知の巨星たちは何を語ったか

中川八洋著

PHP研究所, 2004.4

タイトル読み

ホシュ シュギ ノ テツガク : チ ノ キョセイ タチ ワ ナニ オ カタッタカ

大学図書館所蔵 件 / 54

内容説明・目次

内容説明

明治維新をもって日本ではあれほど多くの欧米の哲学者・思想家の著作を翻訳刊行し流布せしめたにもかかわらず、英米の保守主義のみはほとんど排除された理由は、何であろうか。初めて明かされる保守主義の真髄。

目次

  • 第1部 保守主義の父祖たち(「米国保守主義の父」アレグザンダ・ハミルトン;「法の支配」は復権できるか—マグナ・カルタ再生とコーク卿;「保守主義の父」バーク—「バーク・ルネサンス」を日本に祈る)
  • 第2部 全体主義と戦う「真正の自由」(「隷従への道」を歩む二十一世紀日本—アーレント解題;「赤より死!」の、反ヘーゲル—カール・ポパーの哲学;平等という、自由の敵—警鐘を鳴らすトクヴィル、反撃するベルジャーエフ)
  • 第3部 「美徳ある自由社会」を創る(人間を透視したヒューム道徳哲学;「社会正義」は“亡霊”—自由の原理とハイエク政治哲学;「高貴なる自由」—永遠のバーク哲学)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66947939
  • ISBN
    • 4569633943
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    [東京]
  • ページ数/冊数
    390p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ