書誌事項

日本企業の戦略インフラの変貌

加護野忠男, 坂下昭宣, 井上達彦編著

白桃書房, 2004.5

タイトル別名

Strategic infrastructure

タイトル読み

ニホン キギョウ ノ センリャク インフラ ノ ヘンボウ

大学図書館所蔵 件 / 115

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書は、2000年に実施された財団法人関西生産性本部の第8回経営実態調査をもとにした研究の成果である。この調査は、1965年以来5年ごとに、わが国主要企業の組織や戦略、経営の仕組みの実態を構造と運用の両面から調査・分析することを目的に実施されている。第8回を迎えた今回は、神戸大学大学院経営学研究科と関西生産性本部の共同事業として、全証券取引所上場企業3,562社、および資本金10億円以上の非上場企業897社を対象に郵送アンケート調査を行った。本書は、そのデータを詳しく分析し、経営学の先端のテーマと結び付け、理論的なメッセージを打ち出すことを企図して取り組まれた研究の成果である。

目次

  • 日本企業のインフラ
  • 1 「制度インフラ」(コーポレート・ガバナンス:社外取締役の有効性;日本企業の雇用と人事の現状と変革)
  • 2 「文化インフラ」(「失われた10年」における日本企業の文化変化;日本企業における理念浸透活動とその効果)
  • 3 「情報インフラ」(顧客関係情報システム;情報化と企業間取引インフラ ほか)
  • 次代の戦略インフラの構築に向けて—7つのメッセージ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA67351275
  • ISBN
    • 4561234098
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 227p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ