沖縄と日本国家 : 国家を照射する「地域」

書誌事項

沖縄と日本国家 : 国家を照射する「地域」

山本英治著

東京大学出版会, 2004.7

タイトル別名

Okinawa and the Japanese state : "locality" illuminating the national polity

沖縄と日本国家 : 国家を照射する地域

タイトル読み

オキナワ ト ニホン コッカ : コッカ オ ショウシャ スル チイキ

大学図書館所蔵 件 / 153

注記

欧文タイトルは標題紙裏より

巻末: 人名索引

内容説明・目次

内容説明

ウチナーには全国における米軍専用施設の75%が集中し、平和に対する危機、基地があるゆえの被害・暴力にさらされ、ヤマト国家権力のあからさまな支配と経済・社会・文化・生活のヤマト化過程のなかで、社会問題が多発し、ウチナーの文化と生活及びこれまでの共同関係の解体や海山などの自然環境破壊が進行している。ヤマト国家及びその背後にいるアメリカ国家そのものだけがこれにかかわってきたわけではない。個々のヤマトンチュ(ヤマト人)も加害者であることを認識しておきたい。政治・経済・社会・文化の統一性をもっていた1つの国を、これほどまでに収奪し解体し国家のシステムのなかに組みこもうとする論理とは一体何なのであろうか。これを問うために本書では、ヤマト国家権力の沖縄政策とそれによるウチナーの社会変動と問題情況を実態的にとらえるなかで、ヤマト国家による支配・収奪・差別と、それに対するウチナーの対応の論理を明らかにする。

目次

  • 序章 問題提起と分析視点
  • 1章 ヤマト公的システムとウチナーの周辺化
  • 2章 軍事基地化のなかのウチナー
  • 3章 基地問題と基地闘争—反撃するウチナー
  • 4章 施政権返還と沖縄開発—ヤマト化するウチナー
  • 5章 普天間基地移設問題とウチナー
  • 終章 ウチナー自立への展望

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ