トラベリングウィズゲバラ : 革命前夜--若き日のゲバラが南米旅行で見た光景

書誌事項

トラベリングウィズゲバラ : 革命前夜--若き日のゲバラが南米旅行で見た光景

アルベルト・グラナード著 ; 池谷律代訳

学習研究社, 2004.10

タイトル別名

トラベリング・ウィズ・ゲバラ : 革命前夜--若き日のゲバラが南米旅行で見た光景

Travelling with Che Guevara

Con el Che por Sudamérica

タイトル読み

トラベリング ウィズ ゲバラ : カクメイ ゼンヤ ワカキ ヒ ノ ゲバラ ガ ナンベイ リョコウ デ ミタ コウケイ

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

原書「Con el Che por Sudamérica」の英語版を日本語版訳したもの

付: 折り込図(1枚)

年表: p260-265

内容説明・目次

内容説明

軍服にベレー帽で前を見据えるダンディーな男、エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。自らの信念を貫き通し、革命に生涯を捧げたゲバラの顔は、ポスターやTシャツ、マラドーナの腕の刺青となっても圧倒的な存在感を見せつける。支配階級からの解放を目指してキューバ革命を起こし、39歳の若さでボリビアで処刑された伝説の英雄。ゲバラの革命への道は、南米縦断旅行に出かけたそのときすでに始まっていた。

目次

  • コルドバをあとにして
  • ランケル族のパンパを越えて
  • 虐げられた人々
  • 瀕死のポデローサ二号
  • ボランティア消防士ゲバラ
  • さよなら、ポデローサ二号
  • 『モダン・タイムス』的チリの銅山
  • 詩を詠むエルネスト・ゲバラ
  • インカの地で思うこと
  • ついにマチュピチュ到着〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ