書誌事項

中世説話集とその基盤

小林直樹著

(研究叢書, 319)

和泉書院, 2004.11

タイトル読み

チュウセイ セツワシュウ ト ソノ キバン

大学図書館所蔵 件 / 111

注記

初出一覧: p353-354

内容説明・目次

目次

  • 第1部 『沙石集』と法談(『沙石集』と『摩訶止観』注釈書;『沙石集』構想の原点—真如の顕現;『沙石集』における法談の成立 ほか)
  • 第2部 『三国伝記』とその背景(『三国伝記』の成立基盤—法華直談の世界との交渉;『三国伝記』の方法—別伝接続と説話連関をめぐって;『三国伝記』の世界—権者へのまなざし;『三国伝記』と中世太子伝 ほか)
  • 第3部 説話集とその周辺(『百座法談聞書抄』の説話;法華経をめぐる説話と『注好選』;本誓への注視—『今昔物語集』の志向 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69628074
  • ISBN
    • 4757602774
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    ii, 356p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ