授業研究に学ぶ高校新数学科の在り方

書誌事項

授業研究に学ぶ高校新数学科の在り方

長崎栄三 [ほか] 編著

明治図書出版, 2004.12

タイトル別名

高校新数学科の在り方 : 授業研究に学ぶ

タイトル読み

ジュギョウ ケンキュウ ニ マナブ コウコウ シンスウガクカ ノ アリカタ

大学図書館所蔵 件 / 38

注記

その他の編著者: 長尾篤志, 吉田明史, 一楽重雄, 渡邊公夫, 国宗進

内容説明・目次

内容説明

数学の授業は、教育の目的、数学の本質、生徒の数学的思考、教師の在り方などによって支えられています。そこで、本書では、これらについて、数学教育者、数学者のそれぞれの立場から述べてみました。また、そこでは、現在の高校数学が抱えている幾多の問題や課題、例えば、数学観、数学的活動、評価の在り方等についても触れております。

目次

  • 第1章 高等学校の新しい数学教育
  • 第2章 数学を通した人間形成とは何か
  • 第3章 これからの数学観
  • 第4章 数学的活動とは何か
  • 第5章 数学教育における授業研究
  • 第6章 数学の学習指導に生きる授業研究
  • 第7章 高等学校数学教育理念の問題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69990140
  • ISBN
    • 4185086180
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    195p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ