オーギュスト・ロダン : 論説講演書簡

書誌事項

オーギュスト・ロダン : 論説講演書簡

ライナー・マリーア・リルケ著 ; 塚越敏訳・解説

未知谷, 2004.12

タイトル別名

オーギュストロダン : 論説 講演 書簡

Auguste Rodin

Lettres à Rodin

タイトル読み

オーギュスト ロダン : ロンセツ コウエン ショカン

大学図書館所蔵 件 / 69

注記

第1部, 第2部は"Auguste Rodin"(Insel, 1949)の全訳. 第3部は"Lettres à Rodin"(Émile-Paul, 1931)の全訳

内容説明・目次

内容説明

1902年、27歳の青年詩人リルケは、パリに62歳の巨匠ロダンを訪ねる。『ロダン論』執筆のためである。同時にそれは、創作の絶頂期にいるロダンに会い、その作品の森に分け入り、おのれの芸術論を構築するためでもあった。ロダンとの交流は、見事な「論説」「講演」として結実して、彫刻家ロダンの本質を捉える。またその十年余に亘るロダンへの「書簡」は、彫刻家の風貌を活き活きと伝えるとともに、リルケの傑作『マルテの手記』等を書き上げる時期とも重なって、青年詩人とその妻である若き彫刻家クララ・ヴェストホフの横顔を見せる。20世紀初頭の芸術の場と時代を写し、「創作すること」の意味を問い、巨匠彫刻家と後の大詩人の希有な交わりのすべてを明かす。図版40点と初訳ロダン宛て書簡全95通を収録。

目次

  • 第1部 論説(一九〇二年)
  • 第2部 講演(一九〇七年)
  • 第3部 ロダンへの書簡(一九〇二年‐一九一三年)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA70189120
  • ISBN
    • 4896421159
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    gerfre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    299p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ