書誌事項

かぶき

郡司正勝著

(ちくま学芸文庫, [ク-12-1])

筑摩書房, 2005.2

タイトル読み

カブキ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

1954年7月, 寧楽書房刊, 1969年7月, 學藝書林再刊

底本: 學藝書林版第2刷(1976.9)

内容説明・目次

内容説明

日本の芸能研究に大きな足跡を刻んだ著者の、幻の名著。荒事、悪態、かるわざ、六法などかぶきの様式の源流について、また猿若、道化といった役柄の出現と変遷について、さらにそうした芸能を担った人々の実像について、独自な視点で掘り下げた、克明な考証的研究。既成の演劇理論に捉われず、広く民俗芸能を視野に入れ、社会史・風俗史からのアプローチも取り入れて、時代の息吹のなかでのかぶき生成の実相に迫った本書は、その後の研究に大きな影響を与えた。

目次

  • 第1編 かぶきの様式(饗宴の芸術—かぶきの本質とその様式;荒事の成立;悪態の芸術;髪梳の系譜;「かるわざ」の系譜;たての源流;六法源流考;出端と引込みのノート)
  • 第2編 かぶきの成立(力者とその芸能;河原者と芸術;猿若の研究;道化の誕生;のろま管見;茶かぶき;三味線の登場)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA70800956
  • ISBN
    • 4480088962
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    511p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ