書誌事項

戦国大名

杉山博著

(中公文庫, . 日本の歴史||ニホン ノ レキシ ; 11)

中央公論新社, 2005.3

改版

タイトル読み

センゴク ダイミョウ

大学図書館所蔵 件 / 38

注記

参考文献: p563-567

年表: p568-571

内容説明・目次

内容説明

応仁・文明の乱後の全国的な混乱と荒廃の中から、守護大名を倒して実権を握った戦国大名が各地に現われ、それぞれ独自の領国経営をすすめながら、互いに覇を競う。これら群雄が直面した問題の意味をさぐりつつ、戦国の実相に肉迫する。

目次

  • 流浪する将軍
  • 守護大名の没落
  • 北条早雲の登場
  • 信虎と信玄
  • 上杉謙信
  • 奥羽大名、伊達氏五代
  • 家臣団と軍事力
  • 軍略と軍規
  • 大名と農民
  • 領国の経営
  • 混迷する畿内
  • 村の姿
  • 西の雄将、毛利元就
  • 九州・四国の大名
  • 城下町の形成
  • 戦国の家法
  • 戦国女性の立場
  • 東海の大名・織田・松平

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ