書誌事項

ハルばあちゃんの手

山中恒文 ; 木下晋絵

(日本傑作絵本シリーズ)

福音館書店, 2005.6

タイトル別名

Grandma Haru's hands

タイトル読み

ハル バアチャン ノ テ

大学図書館所蔵 件 / 90

内容説明・目次

内容説明

ハルは海辺の小さな村に生まれた。「おや、ほくろのあるいい手じゃ。きっとこの子は器用だし、幸せになるよ」とハルの手をみて、みんながいった。ハルは小学生になった。手を使うことならだれにも負けなかった。折り紙でもお手玉でもあやとりでも。みんながハルの手をうらやましがった。ハルが15のとき、戦争で父さんが死んだ。まもなく母さんも病気で亡くなった。ハルは男の人に交じって必死に働き、家族の生活を支えた。そんなハルのただ一つの楽しみは、年に一度の盆踊りだった。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72391406
  • ISBN
    • 4834021068
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    1冊
  • 大きさ
    30×31cm
  • 親書誌ID
ページトップへ