幻の終戦工作 : ピース・フィーラーズ1945夏

書誌事項

幻の終戦工作 : ピース・フィーラーズ1945夏

竹内修司著

(文春新書, 454)

文藝春秋, 2005.7

タイトル別名

幻の終戦工作 : ピースフィーラーズ1945夏

タイトル読み

マボロシ ノ シュウセン コウサク : ピース フィーラーズ 1945 ナツ

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

主要参照・引用文献: p332-334

内容説明・目次

内容説明

「最も安全な途は、リスクを冒すことだ」スイスを舞台に行われた極秘交渉の全貌を新発掘の資料をまじえて克明に再現。

目次

  • 二つの「ダレス工作」
  • ウルトラ“マジック”サマリー
  • ジョゼフ・グルー「三つの失敗」
  • ペル・ヤコブソン登場(一九四五年七月四日〜八日)
  • 皇室と一八八九年憲法(七月九日〜十二日)
  • ヤコブソン、ダレスと会見(七月十三日〜十五日)
  • 岡本電報はどこへ消えた?(七月十六日〜十八日)
  • ダレス、ポツダムへ赴く(七月十九日〜二十二日)
  • ポツダム宣言発出!(七月二十三日〜二十六日)
  • 「無条件降伏」の条件(七月二十七日〜二十九日)
  • 東京、反応せず(七月三十日〜八月二日)
  • ソ連参戦・原爆・宣言受諾(八月三日〜十一日)
  • 岡本中将の自決(八月十二日〜九月三日)
  • 「総括」ダレスから統合参謀長会議へ(九月十三日)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ