ミツバチのたどったみち : 進化の比較社会学

書誌事項

ミツバチのたどったみち : 進化の比較社会学

坂上昭一著

新思索社, 2005.7

  • : 新装版

タイトル読み

ミツバチ ノ タドッタ ミチ : シンカ ノ ヒカク シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

著者研究論文目録: 巻末pi-xiii

内容説明・目次

内容説明

ハチの諸族についての観察を軸とし、数多い文献を検討しつつ、ミツバチを頂点とするハチ類の社会的発達の全体像をみごとにまとめあげる。

目次

  • ハチの出現
  • 花の誘惑
  • 寄生性ハナバチと集団性ハナバチ
  • クマバチとその仲間
  • ホクダイコハナバチ
  • ほかのコハナバチたち
  • 南十字星のもとで
  • シタバチ
  • パラオイキア
  • マルハナバチ
  • ミツバチ
  • 東と西、そして南
  • ハリナシバチ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72926616
  • ISBN
    • 478350234X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    3, 328, xiiip, 図版[14]p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ