書誌事項

産業連関分析入門

宮沢健一編

(日経文庫, 857 ; F13 . 経済学入門シリーズ||ケイザイガク ニュウモン シリーズ)

日本経済新聞社, 2005.10

7版2刷

タイトル読み

サンギョウ レンカン ブンセキ ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 25

注記

折り込表1枚: 競争輸入型・産業連関表 (平成12年)

「第7版第2刷について」: p5

参考文献: p234-237

内容説明・目次

内容説明

産業連関分析は、生産活動を通じて各産業間の関係を明らかにするもの。本書は、産業連関分析の考え方から、手法、応用まで体系的に解説。地域産業連関分析、国際産業連関分析、公害の産業連関分析などのトピックスも網羅。最新データに基づいた、ロングセラーの全面改訂版。

目次

  • 第1章 産業連関分析の考え方
  • 第2章 産業連関表の見方(表の構成;表の形式)
  • 第3章 基本モデルとその応用
  • 第4章 地域および国際産業連関分析
  • 第5章 産業連関分析モデルの拡充

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74552572
  • ISBN
    • 4532108578
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ