ケミカルバイオロジー・ケミカルゲノミクス

書誌事項

ケミカルバイオロジー・ケミカルゲノミクス

半田宏編

(Springer reviews)

シュプリンガー・フェアラーク東京, 2005.11

タイトル別名

ケミカルバイオロジーケミカルゲノミクス

タイトル読み

ケミカル バイオロジー ケミカル ゲノミクス

大学図書館所蔵 件 / 132

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 1 ケミカルゲノミクスの基礎(アフィニティビーズ・テクノロジーの最前線;スクリーニングの基礎—HTSを中心として;創薬研究におけるケミカルゲノミクス)
  • 2 ケミカルゲノミクスの技術的側面(アッセイのミニチュア化とハイコンテンツアッセイ;構造解析に基づくドラッグデザインの現状と問題点;ケミカルゲノミクスにおける標的タンパク質同定;シグナル伝達阻害剤の分子デザインと病態解析への応用)
  • 3 ケミカルゲノミクスの実際(天然物スクリーニングからの創薬—現状と可能性;天然有機化合物を出発点にしたケミカルバイオロジー研究 ほか)
  • 4 ケミカルゲノミクスの基礎科学的展開(微生物由来生理活性物質のケミカルジェネティクス;新規免疫抑制薬FTY720の発見と生体機序解明への応用;腸管における食シグナル物質の分子認識)
  • 5 ケミカルゲノミクスの工学的展開(PHドメインを機軸としたmyo‐イノシトール誘導体の合成とイノシトール三リン酸センサーの構築;細胞イメージによる機能解析の展望—蛍光分子の利用からRNA工学を用いた生体分子の解析)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • Springer reviews

    シュプリンガー・フェアラーク東京

    所蔵館1館

詳細情報

ページトップへ