漢詩の歴史 : 古代歌謡から清末革命詩まで

書誌事項

漢詩の歴史 : 古代歌謡から清末革命詩まで

宇野直人著

東方書店, 2005.12

タイトル読み

カンシ ノ レキシ : コダイ カヨウ カラ シンマツ カクメイシ マデ

大学図書館所蔵 件 / 137

注記

参考書目: p469-471

初版第2刷(2008.8刊)のページ数: 488p

内容説明・目次

内容説明

ロマン溢れる中国詩精神の源泉『詩経』から、辛亥革命前夜、新時代の幕開けを告げる革命詩まで。詩人たちの個性、作品の魅力を壮大な詩史の流れに位置づけながら、作品への確かな批評眼を養う「漢詩の文学史」。

目次

  • 中国の古代歌謡—北の『詩経』と南の『楚辞』と
  • 楚声の歌と新詩型の発生—前漢時代
  • 五言詩の定着—後漢時代
  • 五言詩の個性化—後漢から魏・晋へ
  • 貴族制社会の成立と五言詩の多様化—晋代
  • 夕映えの貴族文学—南北朝時代
  • 盛時到来—初唐・盛唐の詩
  • 再生と変容の兆—中唐・晩唐の詩
  • 外患と政争の中で—北宋の詩
  • 抵抗の精神と郷土愛と—南宋の詩
  • 伝統を守った人々—金・元の詩
  • 古典志向と在野精神と—明代の詩
  • 集大成、そして外圧による昂揚—清代の詩

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74901751
  • ISBN
    • 4497205118
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiii, 486p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ