書誌事項

素粒子

ミシェル・ウエルベック著 ; 野崎歓訳

(ちくま文庫, [う-26-1])

筑摩書房, 2006.1

タイトル別名

Les particules élémentaires

タイトル読み

ソリュウシ

大学図書館所蔵 件 / 62

注記

原著 (Flammarion, 1998)の日本語版・2001年9月筑摩書房刊の文庫化

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

人類の孤独の極北に揺曳する絶望的な“愛”を描いて重層的なスケールで圧倒的な感銘をよぶ、衝撃の作家ウエルベックの最高傑作。文学青年くずれの国語教師ブリュノ、ノーベル賞クラスの分子生物学者ミシェル—捨てられた異父兄弟の二つの人生をたどり、希薄で怠惰な現代世界の一面を透明なタッチで描き上げる。充溢する官能、悲哀と絶望の果てのペーソスが胸を刺す近年最大の話題作。

目次

  • 第1部 失われた王国
  • 第2部 奇妙な瞬間
  • 第3部 感情の無限

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75156220
  • ISBN
    • 9784480421777
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    443p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ