リハビリテーション看護の実践 : 概念と専門性を示すARNのコアカリキュラム

書誌事項

リハビリテーション看護の実践 : 概念と専門性を示すARNのコアカリキュラム

ARN(アメリカリハビリテーション看護師協会)編 ; 奥宮暁子監訳

日本看護協会出版会, 2006.1

タイトル別名

The specialty practice of rehabilitation nursing : a core curriculum

タイトル読み

リハビリテーション カンゴ ノ ジッセン : ガイネン ト センモンセイ オ シメス ARN ノ コア カリキュラム

大学図書館所蔵 件 / 125

注記

原著第4版(c2000)の翻訳

References, Suggested resources: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書は全米のリハビリテーション専門看護師32名の執筆者と37名の査読者によって2000年に完成し出版された。米国では学習や教育テキストとして、また認定リハビリテーション登録看護師の試験準備のテキストとして用いられている。リハビリテーション看護の歴史から、解剖生理の基礎知識、各障害への援助や評価、リハビリテーション看護に関わる医療経済や法的な社会的問題など幅広い内容が、箇条書きでわかりやすく書かれている。

目次

  • 第1部 専門性としてのリハビリテーション看護の一般的な原理と概念
  • 第2部 機能的ヘルスケアパターンとリハビリテーション看護
  • 第3部 一般的なリハビリテーション障害の看護管理
  • 第4部 ライフサイクルとリハビリテーション看護
  • 第5部 リハビリテーションサービスの提供と評価
  • 第6部 21世紀におけるリハビリテーション看護

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ