統帥権と帝国陸海軍の時代

書誌事項

統帥権と帝国陸海軍の時代

秦郁彦著

(平凡社新書, 308)

平凡社, 2006.2

タイトル読み

トウスイケン ト テイコク リクカイグン ノ ジダイ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

主要人名索引: p242-244

内容説明・目次

内容説明

帝国陸海軍は「統帥権の独立」という自らが優位なシステムを背景に破滅の道を進み、その果てに国家の崩壊をもたらした。山県有朋の策謀がからむ、統帥権の牙城・参謀本部の成立事情から昭和二十年の敗戦に至るまで、統帥権をキーワードに陸海軍の興亡をたどる。日本の近現代を考えるうえで避けて通れない“統帥権”という魔物に正面から斬り込む。

目次

  • 第1章 統帥権がかつての日本を亡ぼしたのか
  • 第2章 坂の上の雲を望んで
  • 第3章 統帥権独立への道程
  • 第4章 怪物・山県有朋の影
  • 第5章 全盛期の参謀本部
  • 第6章 大正デモクラシーの渦中で
  • 第7章 軍拡と軍縮の波間を
  • 第8章 日中戦争から太平洋戦争へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ