プラリネク : あるクリスマスの物語

書誌事項

プラリネク : あるクリスマスの物語

アクセル・ハッケ作 ; ミヒャエル・ゾーヴァ絵 ; 三浦美紀子訳

三修社, 2005.11

タイトル別名

Prálinek eine weihnachtsgeschichte

タイトル読み

プラリネク : アル クリスマス ノ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 38

内容説明・目次

内容説明

「むかしむかし、あるところに、アルトゥアという名前の男の子がいました」—アクセル・ハッケの魅力的なクリスマス物語は、こう始まります。新しい時代のメルヒェンです。そこでは、小さなロボット—アルトゥアが、プラリネの箱と洗剤のパッケージ、二本のトイレットペーパーの芯、コルク、針金で作ったロボットが、命を吹き込まれて動き出し、奇妙なことばをしゃべります。「誰にメルクショコラーデ君はぼくをプレゼントするのでしょうか」。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75554063
  • ISBN
    • 438404075X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    54p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
ページトップへ