兵学と朱子学・蘭学・国学 : 近世日本思想史の構図

書誌事項

兵学と朱子学・蘭学・国学 : 近世日本思想史の構図

前田勉著

(平凡社選書, 225)

平凡社, 2006.3

タイトル別名

兵学と朱子学蘭学国学 : 近世日本思想史の構図

タイトル読み

ヘイガク ト シュシガク ランガク コクガク : キンセイ ニホン シソウシ ノ コウズ

大学図書館所蔵 件 / 153

内容説明・目次

内容説明

近世の支配思想は兵学である。人切庖丁を腰に提げた者らの統治思想たる兵学、地に足がつかない理念倒れ だからこそもちうる朱子学の批判的可能性、カネの威力がもたらす社会的解体状況のなか、自立せる強者の思想・蘭学、理不尽な不幸に拉がれる弱者のルサンチマンが醸成する国学—鮮やかに描き出される近世思想の新構図。

目次

  • 近世日本思想史の四本軸
  • 1 兵学(兵学と士道論—兵営国家の思想;中国明代の兵家思想と近世日本)
  • 2 朱子学(「武国」日本と儒学—朱子学の可能性;古賀〓(とう)庵の海防論—朱子学が担う開明性;女性解放のための朱子学—古賀〓(とう)庵の思想2)
  • 3 蘭学(功名心と「国益」—平賀源内を中心に)
  • 4 国学(近世天皇権威の浮上;太平のうつらうつらに苛立つ者—増穂残口の思想とその時代;本居宣長の「漢意」批判;大嘗祭のゆくえ—意味付けの変遷と近世思想史)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ