書誌事項

老子

蜂屋邦夫著

(図解雑学 : 絵と文章でわかりやすい!)

ナツメ社, 2006.8

タイトル読み

ロウシ

大学図書館所蔵 件 / 75

内容説明・目次

内容説明

「老子」には、ことわざや格言、逆説による真理の追究、受動性や柔弱さの尊重、女性や赤子の理想化などが説かれており、内容は複雑かつ豊富です。その多面性を伝統的な「老子」解釈から最近の学説まで反映して解説しています。

目次

  • 第1章 老子についての基礎知識
  • 第2章 根元的な道と天地万物の生成
  • 第3章 天地と道の思想
  • 第4章 聖人の道と政治
  • 第5章 政治の術と処世の術
  • 第6章 儒家の道徳と政治の批判
  • 第7章 不戦と用兵の思想
  • 第8章 水と謙虚の思想
  • 第9章 女性と嬰児の尊重
  • 第10章 無知と愚昧の評価
  • 第11章 相対とその超克

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA77771404
  • ISBN
    • 9784816341298
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    230p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ