書誌事項

日本の童画家たち

上笙一郎著

(平凡社ライブラリー, 583 . offシリーズ)

平凡社, 2006.8

タイトル別名

日本の童画家たち

タイトル読み

ニホン ノ ドウガカ タチ

大学図書館所蔵 件 / 104

注記

くもん出版 1994年刊の再刊

児童出版美術略年表: p247-251

児童出版美術の研究文献: p256-257

内容説明・目次

内容説明

竹久夢二、武井武雄、初山滋、加藤まさを、蕗谷虹児、中原淳一、いわさきちひろ、長新太、安野光雅などなど、明治から現代までの代表的な童画家45人の足跡を簡にして要を得た文体でつづった、ありそうでなかった貴重な日本児童出版美術史の労作。

目次

  • プロローグ イラストレーションと子ども
  • 1 近代的児童出版美術の出発(“お伽絵”から“子ども絵”へ;“童画”様式の確立;“童画”を子どもに近づけた人びと;“プロレタリア童画”から“生活童画”へ)
  • 2 大衆的児童出版美術の興隆(“蜜描挿絵”の巨星たち;“抒情画”とは何か;思春期の少女の憂愁を;“女性童画”の世界)
  • 3 児童出版美術の現在(“現代児童出版美術”の成立;“民俗のこころ”を生かして;ユーモアとナンセンスの楽しみ;現代日本の抒情画;個性さまざまに;子どもとおとなの接点で)
  • エピローグ 児童出版美術の行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA78053439
  • ISBN
    • 4582765831
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ