もの想いと解釈 : 人間的な何かを感じとること

書誌事項

もの想いと解釈 : 人間的な何かを感じとること

T・H・オグデン著 ; 大矢泰士訳

岩崎学術出版社, 2006.9

タイトル別名

Reverie and interpretation : sensing something human

タイトル読み

モノオモイ ト カイシャク : ニンゲンテキナ ナニカ オ カンジトル コト

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

参考文献: p177-185

内容説明・目次

内容説明

前著『あいだの空間—精神分析の第三主体』でオグデンが提示した「第三の主体」を含むパラダイムは、実際の精神分析的臨床からみれば何ら奇抜なものではなく、むしろ今日に至る精神分析の発展(それはまた本質への遡及の試みの歴史でもある)が生み出した必然であるように思える。本書『もの想いと解釈』は、前著で示されたパラダイムの上に、「もの想い」を転移‐逆転移の理解に用いる視点をさらに推し進めて、これを精神分析技法のひとつの軸として位置づけ、多くの事例記述を示しながら、倒錯の理解や技法の再考への提言を行っている(訳者解題より)。

目次

  • 第1章 精神分析の技芸について
  • 第2章 「生きていること」と「死んでいること」:その形を分析する
  • 第3章 分析の倒錯的主体
  • 第4章 プライバシー、もの想い、そして分析技法
  • 第5章 夢の連想
  • 第6章 もの想いと解釈
  • 第7章 精神分析における言語の使用について
  • 第8章 聴くということ:3つのフロストの詩

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA78562352
  • ISBN
    • 4753306089
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    201p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ