書誌事項

ハイデガーと和辻哲郎

H.P. リーダーバッハ著 ; 平田裕之訳

新書館, 2006.11

タイトル別名

Martin Heidegger im Denken Watsuji Tetsurōs : ein japanischer Beitrag zur Philosophie der Lebenswelt

タイトル読み

ハイデガー ト ワツジ テツロウ

大学図書館所蔵 件 / 104

注記

2001年にIudicium Verlagより出版するとともにテュービンゲン大学に提出した博士論文の翻訳

内容説明・目次

内容説明

和辻哲郎はハイデガーをどこで乗り越えようとしたか?ドイツの俊英が現代日本の思想の可能性とその射程を解明する。

目次

  • 第1章 日本の思想の受容構造についての考察(「日本思想」か、それとも「日本の思想」か;日本論—自己省察と自己主張 ほか)
  • 第2章 日本のハイデガー受容におけるパースペクティヴ的統合の役割について(手短かな概観;「有の問と絶對無」—辻村公一のハイデガー解釈 ほか)
  • 第3章 和辻の人間の規定とハイデガーの現存在の規定について(現存在を「人間」とみなす伝統的な解釈を和辻がつかみとる仕方;ハイデガーの現存在分析に対する和辻の批判 ほか)
  • 第4章 和辻の解釈学のコンテクストでの「空」の概念(被投性と企投—ハイデガーの本来的自己了解の可能性と限界について;本来性と非本来性の関係規定について ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ