書誌事項

アンデス高地

山本紀夫編

京都大学学術出版会, 2007.3

タイトル別名

Andes

タイトル読み

アンデス コウチ

大学図書館所蔵 件 / 139

注記

参考文献: p601-612

引用文献あり

編者紹介: 巻末

内容説明・目次

内容説明

変化に富む自然環境、ジャガイモやアルパカなど特産の動植物、そして、そこに生きる人びとの暮らしと文化をいきいきと描き出す、はじめての包括的研究書。

目次

  • 第1章 アンデス高地とはどのようなところか(八〇〇〇キロメートルの大山脈—その多様な環境;アンデス山脈の地域区分 ほか)
  • 第2章 高地に花ひらいた農耕文化(栽培植物の故郷;毒抜きから食糧貯蔵へ—中央アンデス高地の食品加工技術 ほか)
  • 第3章 特異な牧畜文化の展開(旧大陸の常識をくつがえすアンデス牧畜の特色;野生動物ビクーニャの捕獲と毛刈り—インカの追い込み猟「チャク」とその復活 ほか)
  • 第4章 アンデス高地の民族誌(ティティカカ湖に生きる—採集漁撈民の暮らし;農牧複合民の暮らし—食糧の生産と消費を中心に ほか)
  • 第5章 アンデス高地の諸相(アンデスにおける高地文明の生態史観—ヒマラヤ・チベットとの比較;アンデス社会の変容 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ