書誌事項

手形法概要

福瀧博之著

法律文化社, 2007.4

第2版

タイトル別名

手形法概要

タイトル読み

テガタ ホウ ガイヨウ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

手形法の文献: pxxii-xxiv

内容説明・目次

内容説明

手形の制度は、すぐれて合理的な仕組みを有する。このような手形制度に関する法律関係を規整の対象とする手形法もまた合理的な構造を有する法分野であり、「手形法」という大学における講義科目も最も明快で理解しやすい科目の一である。本書は、手形法解釈学を勉強する学生のために手形法の講義の概要を示している。第二版においては、初版以来の法律の改正を反映した記述にするとともに、この間の新しい判例にも言及した。

目次

  • 第1編 序論(有価証券制度;手形小切手制度)
  • 第2編 手形法総論(手形行為の意義と成立要件;手形行為の性質;手形行為と原因関係 ほか)
  • 第3編 約束手形(約束手形の振出;白地手形;裏書 ほか)
  • 第4編 為替手形
  • 第5編 小切手

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA81669015
  • ISBN
    • 9784589030245
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xxiv, 477, 15p, 図版[6]p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ