書誌事項

岐路に立つ日中関係 : 過去との対話・未来への模索

家近亮子, 松田康博, 段瑞聡編著

晃洋書房, 2007.5

タイトル別名

岐路に立つ日中関係 : 過去との対話未来への模索

タイトル読み

キロ ニ タツ ニッチュウ カンケイ : カコ トノ タイワ ミライ エノ モサク

大学図書館所蔵 件 / 107

内容説明・目次

目次

  • 日中関係の現状
  • 第1部 過去との対話(歴史認識問題;靖国神社参拝問題;教科書問題;日本の戦後賠償・補償問題;中国の愛国主義教育)
  • 第2部 未来への模索(安全保障関係の展開;「東アジア」をめぐる日中関係—日中関係の枠組転換を中心に;海洋をめぐる日中関係—新たな秩序形成の模索;台湾問題の新展開;対中経済協力;日中経済関係の歴史的転換;アメリカの対中・対日政策—乖離する相互イメージ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82094112
  • ISBN
    • 9784771018594
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    iv, 318p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ