書誌事項

王朝時代の陰陽道

齋藤勵著 ; 水口幹記解説

(歴史学叢書, 別冊)

名著刊行会, 2007.6

タイトル別名

王朝時代の陰陽道

タイトル読み

オウチョウ ジダイ ノ オンヨウドウ

大学図書館所蔵 件 / 50

注記

芸林舎 昭和51年刊の再刊

陰陽道関係文献目録(稿) / 水口幹記作成: p251-277

内容説明・目次

内容説明

本書は94年前に30歳の若さで亡くなった齋藤勵氏の卒業論文であり、陰陽道に関する最初のまとまった著書である。初版刊行以来90年以上もたつ今日、なお古典的名著として、依然として参照されるべき価値をもっている。本書はまず奈良・平安時代の陰陽道の前提として、中国隋唐の陰陽五行説に至る起源発達を述べ、次いで陰陽道の日本への伝来・受容をはじめ、陰陽寮の制度とその職掌・教育、陰陽道をになった達人たち、天文道と天文占、暦道と暦占、その他の卜占方術、陰陽道における祭祓等々を詳述、さらに災異・祥瑞思想や改元問題に及ぶ。

目次

  • 第1章 漢土に於る陰陽五行説の起原発達を述べて陰陽道の本体に及ぶ
  • 第2章 我国上古の思想界と陰陽道の伝来
  • 第3章 陰陽寮の官制と其教育制度
  • 第4章 其道の達人と伝播の一般と
  • 第5章 天文道と天文占と
  • 第6章 暦道と暦占と—日時方位吉凶
  • 第7章 陰陽道そのものと筮式方術
  • 第8章 陰陽道に於る祭祓
  • 第9章 〓(さい)異と祥瑞と
  • 第10章 年号の起原及改元の動機をのべて寧楽平安両朝思想の差異に及ぶ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ