シュタイナー学校は教師に何を求めるか : 授業形成と内面性

著者

書誌事項

シュタイナー学校は教師に何を求めるか : 授業形成と内面性

クリストフ・ヴィーヒェルト著 ; 入間カイ訳

水声社, 2007.7

タイトル読み

シュタイナー ガッコウ ワ キョウシ ニ ナニ オ モトメルカ : ジュギョウ ケイセイ ト ナイメンセイ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

2006年に世界9ヶ国で行われた<コリスコ会議>の資料集『教育による健康』("Gesundheit durch Erziehung" herausgegeben von der Medizinischen Sektion am Goetheanum)から本書著者クリストフ・ヴィーヒェルトの寄稿した文章を抜き出してまとめたもの

原注: p189-192

内容説明・目次

目次

  • 教育会議における子どもの考察
  • 思春期における教育の課題
  • 学校の日常に役立つことがら
  • クラス担任の継続期間について
  • 二つの「教師のメディテーション」と生徒への関わり方
  • メディテーションと共同体形成
  • 教育芸術における七つの徳性
  • 授業計画の生理学

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82620907
  • ISBN
    • 9784891766450
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    198p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ