いのちを生きるいのちと遊ぶ : the philosophy of life

書誌事項

いのちを生きるいのちと遊ぶ : the philosophy of life

清眞人著

(Haruka selection)

はるか書房 , 星雲社(発売), 2007.4

タイトル読み

イノチ オ イキル イノチ ト アソブ : the philosophy of life

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

生の根底を脅かすほどの孤独や不安、障害や差別、抑圧や暴力にさらされたとき、人は何を拠り所に生きたらよいのか。絶望の闇と希望の光のはざまに生きる人の壮絶な生に迫りながら、いのちを守り、いのちを弾ませるためには何が必要か、熱く語りかけて、胸を打つ。

目次

  • 1 ナポリ・アテネ放浪記—僕の路上絵商売
  • 2 愛の実験台—生野の康秀峰さん
  • 3 “自分”という問題—ジジとクーとゾンの対話
  • 4 なぜ少女は母にタリウムを投与したか—ブログ「グルムグンシュ」を読む
  • 5 遊ぶひとは遊ぶ眼をもって—福森慶之介さん創作訪問記
  • 6 魂といのちのイマージュ、絵を描くこと—すこし長いあとがき

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83012598
  • ISBN
    • 9784434105548
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    245p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ