自分が変われば相手も変わる : 『感情適応力』でパートナーとの関係を活性化する

書誌事項

自分が変われば相手も変わる : 『感情適応力』でパートナーとの関係を活性化する

土倉玲子著

ナカニシヤ出版, 2007.5

タイトル別名

自分が変われば相手も変わる : 感情適応力でパートナーとの関係を活性化する

タイトル読み

ジブン ガ カワレバ アイテ モ カワル : 『カンジョウ テキオウリョク』 デ パートナー トノ カンケイ オ カッセイカ スル

大学図書館所蔵 件 / 32

注記

参考文献: p67

内容説明・目次

内容説明

パートナーとの関係を劇的に変える「感情適応力」で磨くつきあい方。

目次

  • 第1章 一対一の人間関係を大切に:「パートナーする」には見逃さないこと(「パートナーする」こと:一対一の人間関係の時代;相手との関係性の変化に「自力」で気づく)
  • 第2章 人間関係は変えられる:大切なのは「気づくこと」と「変えること」(人が見ているのは「主観的現実」:無意識から意識(気づき)へ;気づくこと:パートナーからのサインを見逃さない;パートナーとの関係性を「自力」で変える)
  • 第3章 人間関係の基盤は「安心感の土壌」(「安心感の土壌」を創るために、「感情適応力」を養う;「安心感の土壌」を維持するために信頼を築き、関心を継続する;「知識の道具箱」—「感情適応力」に見られる男女の違い)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83194859
  • ISBN
    • 9784779501623
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 69p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ