省みることの哲学 : ジャン・ナベール研究

書誌事項

省みることの哲学 : ジャン・ナベール研究

越門勝彦著

東信堂, 2007.9

タイトル別名

La philosophie de la réflexion

省みることの哲学 : ジャンナベール研究

タイトル読み

カエリミル コト ノ テツガク : ジャン ナベール ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

著者の博士論文「ジャン・ナベールの道徳哲学 : 他者と世界を介した自己理解の探求」 (東京大学, 2006.6) を大幅に書き改めたもの

参考文献: p211-213

内容説明・目次

内容説明

哲学における議論は生活の現実に即応しているか、またそこで得られた知識はいかにして生活を変容しうるか—こうした具体的生から立ち上がってくる問題を常に意識しつつ、自由と選択、反省と陶冶、感情と義務等、自己と倫理という中心課題をめぐって独自の考察を進めたナベールについての初の包括的研究。サルトルやレヴィナス登場以前の20世紀フランス倫理学というわが国では未開拓の研究領域に挑んだ、貴重なモノグラフ。

目次

  • ジャン・ナベールの生涯と思想
  • 第1部 自由の内的経験(自由意志の感情;自由の内的経験のプロセス)
  • 第2部 反省による自己の創造(反省とはいかなる営みか;自由への信の形成—反省の効果(1);行為の理由の変化—反省の効果(2);道徳的人格の陶治—反省の効果(3))
  • 第3部 感情と倫理(制度としての義務;道徳性と関わる感情;他者との交流)
  • 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83339485
  • ISBN
    • 9784887137837
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 219p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ