書誌事項

軍用地と都市・民衆

荒川章二著

(日本史リブレット, 95)

山川出版社, 2007.10

タイトル別名

軍用地と都市民衆

タイトル読み

グンヨウチ ト トシ ミンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 181

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

軍用地は、最初主要都市の中心部に誕生し、やがて都市近郊に広がって一大軍施設を築き上げ、一方で、軍馬育成用の牧場として、また砲兵を中心とした演習場として、山野にも進出しました。その先は、植民地への拡大でした。このような軍用地拡大の過程を、都市の発展との関連や民衆生活への影響を視野にいれながら考察し、軍隊の存在、戦争を準備することの意味を新しい視角から問いなおします。

目次

  • 軍用地とは
  • 1 軍隊と軍用地の誕生
  • 2 日清戦後軍拡から日露戦後軍拡へ
  • 3 大正期=軍用地をめぐる諸問題の噴出
  • 4 満州事変後の軍拡とその結果
  • 戦後へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83576684
  • ISBN
    • 9784634547070
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    107p, 図版1枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ