自由に生きるとはどういうことか : 戦後日本社会論

書誌事項

自由に生きるとはどういうことか : 戦後日本社会論

橋本努著

(ちくま新書, 689)

筑摩書房, 2007.11

タイトル読み

ジユウ ニ イキル トワ ドウイウ コト カ : センゴ ニホン シャカイロン

大学図書館所蔵 件 / 162

注記

参考文献: p263-269

内容説明・目次

内容説明

敗戦により、まったく不自由から解放された日本。しかし、人びとの間にはいまだに「閉塞感」が蔓延している。では、いったい日本人は、「自由」という言葉にどんな理想を託してきたのか。「自由に生きる」ことは、いかにして可能なのだろうか。敗戦直後のエロス繚乱、あしたのジョー、尾崎豊、エヴァンゲリオン、そして格差社会…私たちの鮮烈な時代経験を素材に、本書では「生き方」の問題を考え抜く。かくも「生きづらい」社会のなかで自由を求めつづける術を問う、清新な「自由論」。

目次

  • 第1章 連合国軍に学べ—敗戦直後の自由論
  • 第2章 ロビンソン・クルーソーに学べ—一九四〇‐六〇年代の自由論
  • 第3章 真っ白な灰に燃え尽きろ—一九六〇年代後半の自由論
  • 第4章 この支配から卒業せよ—一九七〇‐八〇年代の自由論
  • 第5章 ぼくはぼくを好きになれそうだ—一九九〇年代の自由論
  • 第6章 最高のトレッキングシューズを買え—二一世紀の自由論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ