書誌事項

市場経済下の苦悩と希望 : 21世紀における課題

今井正幸 [ほか] 著

彩流社, 2008.2

タイトル別名

市場経済下の苦悩と希望 : 21世紀における課題

タイトル読み

シジョウ ケイザイカ ノ クノウ ト キボウ : 21セイキ ニ オケル カダイ

大学図書館所蔵 件 / 63

注記

奥付の責任表示 (誤植): 大田秀明

その他の著者: 和田正武, 大田英明, 森彰夫

「市場経済移行諸国の理想と現実 : グローバリゼーション下の可能性」 (2003年刊) の続編

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

市場経済化の現実は、将来は?中東欧諸国、ロシア、ウクライナ、キルギス、バルト3国のケーススタディ、移行経済におけるIMF経済政策への批判、先進EU諸国と後進EU諸国双方の影響の分析を通して、政策的ミスマッチを指摘する刺激的論集。

目次

  • 第1部 移行経済各国の現状(ブルガリアの移行へのパフォーマンスと最近時の経済・社会状況;ブルガリアの経済回復とEU加盟への展望;移行経済諸国(ブルガリア、ポーランド)の中小企業政策;ウクライナの市場経済化と「オレンジ革命」—オリガーキーの国家支配;キルギスの産業再生の政策課題)
  • 第2部 世銀・IMFの移行国に対する政策への批判(キルギスの重積務貧困国(HIPC)イニシャティブ申請問題;移行経済国におけるIMF経済プログラム;IMF経済プログラムの問題点と根本的欠陥)
  • 第3部 移行経済諸国のEU加盟に伴う双方の影響(中東欧諸国の移行へのパフォーマンスとEU加盟;旧EU諸国(EU15)から見たEUの東方拡大と各国産業に与える影響)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ