書誌事項

確率解析

重川一郎著

岩波書店, 2008.5

タイトル読み

カクリツ カイセキ

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

「岩波講座現代数学の展開」の「確率解析」を単行本化したもの

参考文献: p187-189

内容説明・目次

内容説明

ブラウン運動などランダムな現象の時間変化を調べるモデルでは、関数の関数という、いわば汎関数の確率微分方程式を扱うことになる。このような汎関数の解析に通常の解析学を適用してよいのか、確率空間としてはどんなものが与えられるべきか。重要な成果をおさめたマリアヴァン解析を中心に、無限次元解析の基礎を解説する。岩波講座「現代数学の展開」からの単行本。

目次

  • 第1章 Wiener空間
  • 第2章 Ornstein‐Uhlenbeck過程
  • 第3章 Littlewood‐Paley‐Steinの不等式
  • 第4章 抽象Wiener空間上のSobolev空間
  • 第5章 分布の絶対連続性と密度関数の滑らかさ
  • 第6章 確率微分方程式への応用

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85730683
  • ISBN
    • 9784000052023
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xvi, 192p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ