オルター・グローバリゼーション : 知識とイデオロギーの社会的構成

書誌事項

オルター・グローバリゼーション : 知識とイデオロギーの社会的構成

ジェームズ・ミッテルマン著 ; 奥田和彦, 滝田賢治訳

新曜社, 2008.5

タイトル別名

Whither globalization? : the vortex of knowledge and ideology

オルターグローバリゼーション : 知識とイデオロギーの社会的構成

タイトル読み

オルター グローバリゼーション : チシキ ト イデオロギー ノ シャカイテキ コウセイ

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

参考文献: 巻末p11-26

文献一覧(日本語版への序文): pxix-xx

内容説明・目次

内容説明

グローバリゼーションは、世界を認識し、表現する方法である—。グローバリゼーションが知識生成の方法を変容させる過程と対抗グローバリゼーションの可能性を批判的に検証。

目次

  • 1 パワー(グローバリゼーションのパワー)
  • 2 知識(グローバリゼーションを描く;グローバリゼーションは優勢なパラダイムか?;批判的グローバリゼーション研究)
  • 3 イデオロギー(イデオロギーとグローバリゼーションの課題;グローバリゼーションに対する抗議の「常識的」表象;ミクロの抵抗に着目する)
  • 4 変容の可能性(オルター・グローバリゼーション)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85940981
  • ISBN
    • 9784788511057
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xx, 206, 32p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ