書誌事項

反中vs.親中の台湾

近藤伸二著

(光文社新書, 351)

光文社, 2008.5

タイトル別名

反中vs親中の台湾

タイトル読み

ハンチュウ vs シンチュウ ノ タイワン

大学図書館所蔵 件 / 63

注記

参考文献: p218-220

略年表: p222-228

内容説明・目次

内容説明

台湾が大きく分裂している。「緑」と「青」の2つの色に。「緑」とは、民進党。半世紀にわたる国民党の一党支配を、陳水扁が打ち破ったのは8年前。「青」とは、国民党。2008年、大陸出身の馬英九が政権を奪い返した。台湾では、2度の政権交代が起きたこの8年間で、中国からの独立意識が強まる反面、経済的にはむしろ中国との一体化が進んでいる。そして、台湾自立路線の「緑」支持者と、中台融和路線の「青」支持者に社会は二分され、亀裂が深まったのだ。本書はベテラン台湾ウオッチャーの著者が、この8年間で社会・経済の何がどう変化したかを検証し、新政権のゆくえを探る。

目次

  • プロローグ 8年ぶりの政権交代
  • 第1章 「緑」が変えた社会と意識
  • 第2章 「緑」の挑戦と「青」の抵抗
  • 第3章 「緑」の攻撃と「青」の改革
  • 第4章 対中関係に左右される経済
  • 第5章 重みを増す日台関係

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ