書誌事項

臘扇記 : 注釈

清沢満之著 ; 大谷大学真宗総合研究所編集・校注

法藏館, 2008.6

タイトル別名

臘扇記注釈

臘扇記 注釈

臘扇記

タイトル読み

ロウセンキ : チュウシャク

大学図書館所蔵 件 / 22

注記

「白川会会員」の肖像あり

参考資料: (巻頭)pxi-xv

補注 (p[121]-201): 用語解説, 人物解説, 英文和訳, 清沢満之訳出『エピクテタス語録』原文

付録 (p[203]-232): 清沢満之略年譜 (明治30年〜明治32年), 碧南地方地図 (明治30年頃), 臘扇記清沢満之近親系図, 「大谷派事務革新全国委員及び有志者撮影」写真・名簿, 臘扇記関係主要文献

内容説明・目次

内容説明

近代を代表する宗教哲学者・清沢満之晩年の日記『臘扇記』。仏教の近代化に多大な功績を残し、のちの大谷大学初代学長となる満之が、教団(真宗大谷派)改革の挫折と不治の病という失意のどん底のなかで、真宗他力の教えを成熟させるに至る、苦悶と回心の軌跡を綴った信心告白記。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86018794
  • ISBN
    • 9784831876683
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xv, 254, 6p, 図版2枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
ページトップへ