書誌事項

収容所文学論

中島一夫著

論創社, 2008.6

タイトル別名

収容所文学論

タイトル読み

シュウヨウジョ ブンガクロン

大学図書館所蔵 件 / 58

内容説明・目次

内容説明

この息苦しい時代は、「収容所」と呼ぶのに相応しい。気鋭が描く「収容所時代」を生き抜くための文学論。石原吉郎、パゾリーニ、志賀直哉、柄谷行人、〓(すが)秀実から現代文学の旗手たちである村上春樹、阿部和重、中村文則、星野智幸、そしていまの状況まで縦横無尽に批評する、闘うための「批評」の書。

目次

  • 媒介と責任—石原吉郎のコミュニズム
  • 疲労の報酬
  • 嫉妬と民主主義
  • プロレタリアートはどこへ行ったのか—パゾリーニの暴力
  • 踏切りを越えて—志賀直哉の“幼女誘拐”
  • 柄谷行人とフーコー
  • 隣接に向かう批評—〓(すが)秀実の“六八年”
  • 空虚と反復—村上春樹の資本主義
  • 汚辱に塗れた人々の生—阿部和重『シンセミア』を読む
  • 『グランド・フィナーレ』を少女愛抜きで!
  • 社会学化した現在—中村文則『銃』を読む
  • 滅びようと望む人間たちの向かう先には
  • 新日本零年—星野智幸『無間道』を読む
  • 90年代批評とは何だったのか—柄谷行人と批評の空間
  • 転向の現在と批評—「自分探しの旅」を降りるための必読批評
  • 文芸批評批判序説

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86128205
  • ISBN
    • 9784846007270
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    331p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ