農業立地変動論 : 農業立地と産地間競争の動態分析理論

書誌事項

農業立地変動論 : 農業立地と産地間競争の動態分析理論

河野敏明著

流通経済大学出版会, 2008.8

タイトル読み

ノウギョウ リッチ ヘンドウロン : ノウギョウ リッチ ト サンチカン キョウソウ ノ ドウタイ ブンセキ リロン

大学図書館所蔵 件 / 94

注記

参考文献: p577-587

学位請求論文 (昭和56年, 東京大学) をもとにしたもの

内容説明・目次

内容説明

チューネンの古典立地論を孤立化法により実践的課題に適用可能な「現状分析理論」に展開し、高度経済成長期以降の我が国農業の激動過程を動態的に実証分析した意欲的労作。

目次

  • 第1部 農業立地の現状分析理論(農業立地論の現代的課題;農業立地論の分析課題;農業立地論の展開方向—方法論的考察;立地理論の展開と統合問題;産地形成と産地組織化の理論;作目選択と産地・市場流通条件;農産加工の立地理論)
  • 第2部 立地変動の動態実証分析(日本農業の地域生産特化;都市化と近郊農業の立地問題;鉄道輸送と産地競争力—鉄道輸送の実証分析;交通輸送の技術革新と農業再編;海上輸送と農産物流通;農業技術の革新と立地変動—野菜経営を中心に;施設園芸の発展と立地問題)
  • 終章 総括—農業立地と産地間競争の動態分析理論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86940262
  • ISBN
    • 9784947553478
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    龍ケ崎
  • ページ数/冊数
    xv, 589p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ