M&A国富論 : 「良い会社買収」とはどういうことか

書誌事項

M&A国富論 : 「良い会社買収」とはどういうことか

岩井克人, 佐藤孝弘著

プレジデント社, 2008.9

タイトル別名

M&A for the wealth of nations

M&A国富論 : 良い会社買収とはどういうことか

タイトル読み

M&A コクフロン : ヨイ カイシャ バイシュウ トワ ドウイウ コトカ

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

参考文献: p226-232

内容説明・目次

内容説明

「資本鎖国主義」vs「株主至上主義」、買収をめぐる論議にこの一冊が決着をつける。

目次

  • 第1章 「資本鎖国主義」VS「株主至上主義」
  • 第2章 アメリカ型ルール導入の実験と失敗
  • 第3章 TOB価格による決着の問題点
  • 第4章 株式会社の本質と会社買収
  • 第5章 新しい会社買収ルールの創造
  • 第6章 資本主義の変質と会社買収
  • 第7章 種類株式の可能性
  • 第8章 気概を持ってルールづくりを
  • 特別対談—良い株主が、良い経営者を選ぶ、良い買収の仕組み

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA87204626
  • ISBN
    • 9784833418829
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    232p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ